So-net無料ブログ作成
変膝は誤診・・・ ブログトップ

やっぱり続けよう(&ヒデ引退!?) [変膝は誤診・・・]

前の日記からずいぶん経ってしまいました。
旅行に行った後風邪を引いてたりして、
バレエのレッスンも3週間おきに一回、といったペースになっていました。
そうこうしてるうちにうちの猫の病気にお金がかかることもあり、
またもちろん膝のことも不安だしバレエは辞めようか・・・と思いつつ
昨日レッスンに行きました。
やっぱりレッスンに行くと心も体も共に引き締まる感じがします。
膝は、アイシングとか、ちゃんとケアしておけば疲れを後に引き摺らないようだし
(でもふくらはぎが若干筋肉痛)
お金のことはまあ追々・・・なんとか頑張ってみよう!

ところでこのブログの趣旨からまったく外れますが、
うちの猫の病気についても書いて行きたいと思います。

トピずれついでに書いちゃうけど、中田ヒデ引退!?
日本代表を引退じゃなくて現役引退なのね・・・。
もったいないなあ・・・ちょっと容易に信じがたいですね。
私は彼がきっかけでサッカー見るようになり、
さらには自分でもボール蹴るようになったわけで
(フットサルは2年ぐらい前に辞めましたが)
そう考えると私は彼の存在なしには、自分の体で表現する楽しさ、
自分の体の可能性を追求することの奥深さ、などを知らないままでいたかもしれません。
このタイミングで引退は残念ですが、でも彼らしいな、とも思います。
ありがとう、そしてお疲れさまでした。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

変形性(膝)関節症とは? [変膝は誤診・・・]

一応知らない人の為に・・・。

なんらかの理由で関節の軟骨が磨り減ってしまう病気です。
高齢者(特に女性)に多く見られる症状で、
それゆえかつては長年関節を使い続けた結果という見方が一般的でしたが
最近の研究では、かならずしもそれだけではないと言われている様です。
例えば、遺伝的要素、軟骨細胞組織の変異など。
また、若年性の多くは半月板損傷などの怪我が原因の場合もあります。
長い時間をかけて症状が進むので、
自覚症状が出たときにはある程度進行している場合がほとんど。
厳密にどの時点で症状が始まったのか判断しにくいため、
原因もなかなか確定出来ないようです。

私の場合も、具体的にこれっていう原因はわかりません。
ただ、そくわん症やO脚で、30過ぎてから激しいスポーツをやったりしたことで
アンバランスに膝への負荷がかかってしまったのかな、という気もしてます。
O脚ですと、どうしても膝の内側により負荷が掛かるんですね。
ましてや体に歪みがあるということは、左右アンバランスに負荷が掛かるということ。
バレエ続けるなら、いやそうでなくても整体で体の歪みを徹底的に直すべき、
と思っていますが、なにしろ保険きかないしお金かかる・・・。
ということで躊躇してますが、真剣に考えなくてはいけないでしょうね。
とりあえず今はストレッチをやってなんとかしようとしています。
バレエも、常に体の引き上げを意識しなくてはいけないので、
それなりに歪みの改善になりそうです。

変形性関節症について、詳しくはこちら:
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec05/ch066/ch066a.html


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

がんばれ自分 [変膝は誤診・・・]

2006年3月、変形性膝関節症と診断されました。
だけどまだ30代(かろうじて)。まだまだいろいろやりたい。
半年前に始めたバレエをなんとか少しでも長く続けられるように、試行錯誤中です。
膝の障害だけでなく、そくわん症だしO脚だし、背中ガチガチ、おまけに疲れやすい。
そんなことも考慮しつつ、バレエのみならず体のケア全般について書いていこうと思っています。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
変膝は誤診・・・ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。