So-net無料ブログ作成
検索選択

血管運動性鼻炎 [お勉強メモ]

忘れないうちに書いておきます。

数日前に鼻炎の薬を貰いに耳鼻科へ行ったとき、待合室で「別冊NHKきょうの健康 耳・鼻・のどの病気」という本を見ていました。
そこに、これがまさしく私の症状というのがあったのです。

以下は私のメモより:

血管運動性鼻炎

アレルギーではなく、寒暖の差や過剰なストレスなどが引き金となる。
副交感神経が鼻粘膜で過剰に反応するためと考えられている。

やはり自律神経が関与しているのですね。
耳鼻科のお医者さんが治りにくいとおっしゃっていたのも、なるほど、なのでした。

先日頂いた薬は、こないだ風邪のときにだしていただいたのと同じで、鼻炎の薬としては作用の穏やかのものだそうです。
うん、確かにそんなに効いてる~って感じではないな。
今日から3日間接客業のお仕事なので念のため昨晩から飲んでるのですが(頓服でもOK)、飲んでも飲まなくても変わらないって感じです。
鼻グズグズがじわじわ生じるのはいつもと同じ・・・でもちょっとだけマシなのかな?
むしろ、はっきりと鼻炎らしい症状が出てる時のほうが効果が出るのかも?
今の症状だと純粋に自律神経の問題なのだろうから、鼻炎の薬は意味がないのかもしれません。

どうしても、という場合以外はなるべく薬は頼り過ぎないようにしたいですね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。