So-net無料ブログ作成
検索選択

アンタッチャブルの「人見知り克服講座」 [メンヘル]

昨晩のアメトーーク、テーマは「人見知り芸人」でした。

番組中、人見知りとは無縁のアンタッチャブルのふたりによる「人見知り克服講座」というコーナーがありました。
私も人見知りというか、対人関係の悩みは深いので、なにか参考になることがあれば、と思わずマジメにメモを取ってしまいました。
せっかくなので、番組を見逃した皆様にもメモを公開いたします。

[1]ホメホメテンション(担当:山崎)

とりあえず、「やせました?」と言ってみる
あとは相手の話をきき、ひたすら相槌を打つ

ポイント:とにかく相手に話をさせよう

嫌われちゃうのでは・・・と思うのは、嫌われてないと思っている、つまり傲慢。
「僕なんか最初から嫌われてますから[わーい(嬉しい顔)]

[2]ご無沙汰理論(担当:柴田)

人見知りの人は、初対面が苦手。
ならば、以前からの知り合いだと思い込め!!

初対面でも、あたかも久しぶりに会うようなテンションに持ち込む
※だからといって「お久しぶりです」はNG(あたりまえ)

[3]声を出そう(担当:山崎)

腹から声を出せ!

ゴリラの雄たけび??

ザキヤマダンス??

(この辺になるとなんだかよくわからない状況に(^^ゞ)


これって、ふざけてるようでいて結構深いって思います。
正直感心してしまいました。

ところで番組の中程で、千原せいじ(NO人見知り芸人)とオードリー若林(人見知り芸人)がそれぞれ初対面の人とふたりきりになるシチュエーションで、いかに会話が続くか続かないか、というドッキリ企画がありました。

千原せいじは、ふたりきりになるやいなや自分から話し掛け、最後まで淀みなく会話が続きました。

一方若林は、しばらくの間沈黙が流れた後、「うちの娘がオードリーのファンなんです」と話しかけられ、「ありがとうございます」と返すものの、それ以降まったく会話なし!
さすがに気まずいのか、若林は近くにあった缶コーヒーを手に取り、それをじっと見つめて最後まで顔を上げようとはしませんでした(-_-;)

Vのあと、スタジオでは「娘さんのこと聞けばよかったんじゃない?」という意見があり、それを聞いた若林は「あ~~!!」と絶叫しながら倒れこんでいきました。

うーむ、若林君、私としては結構高感度高かったんだけどなあ(春日の横にいるからそう思っただけかも)。
正直かなり情けなかったねぇ。
もっとも私も似たようなシチュエーションは経験あるから、あまり人のことは言えませんが。

番組エンディング:人見知り芸人のみなさんが、人見知りを克服したようには見えませんでした(-。-)y-゜゜゜

参考になるか、ならないかは、あなた次第です[exclamation×2]
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 4

にゃんこ

アクビさん、こんにちわ。人見知り克服講座参考になります。
とても、人見知りなので、そこいら辺を何とかしたなあーと
思っているところです。沈黙よくやっちゃいます。(笑)
by にゃんこ (2009-11-21 13:34) 

アクビ

にゃんこさん、ありがとうございます。
いやー私もね、どうしていいかわからなくって気まずいなあ、っていうの、ほんとに多いんですよね。
だから若林君のことバカにしてる場合じゃないです。
それに若林君はかわいいので許します^^;
by アクビ (2009-11-21 18:18) 

kokomi

ほんとアンタッチャブルさん深いです♪

私は人づき合い上手だと思っていたんですが
それがとんでもない間違いだと最近になって気が付きました(-"-)

良く思われたいって過剰に考えたりしていて
実は人と話すと思いのほか体の緊張しているのに気がつきます。

手足が冷たく顔が火照る…

過緊張状態でした。

まぁ気づかないより良かったんですが
どうすればリラックスできるのか…

自然体~が難しいです。


by kokomi (2009-11-22 00:47) 

アクビ

>良く思われたい

ついついそう思ってしまいますね。
私の場合、そのせいで何を喋ってよいのか分からなくなることが多いです。

人の輪の中にいることは楽しいのですが、あまりにも話術がないのでつい人を避けたくなります(-_-;)

ほんと、自然体になれたらいいなーって思います。
by アクビ (2009-11-22 20:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。