So-net無料ブログ作成
検索選択

健康診断の結果 [慢性痛&慢性疲労について]

先日受診した健康診断の結果を聞きに行ってきました。
以前からある、微妙に貧血と微妙に血尿、以外は問題なし。
初めて眼底検査とB型C型肝炎の検査をしましたが、ノープロブレム。
これだけ見ると、いたって健康体といった感じです。

だけど、コリや痛みは客観的に評価することは難しいですね。
体だけでなく、心のコリと痛みも。

そういえば、心の健康診断があっても良さそうな気がします。
心が苦しくなる人ほど、実はしんどい思いをしてることを周りに言ったりしませんからね。
言うとしても、たぶんかなり深刻になってから。
ヘタすると、自分ですらあまり自覚してなかったり(=わたし)。
定期的に、第三者に心の診断をしてもらう、っていうしくみがあってもいいんじゃないでしょうか。
ただし、人事評価とかに利用されたりしないというのが大前提ですね。

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 4

わんこ

アメリカでは、日常的に精神科医にかかる事がステイタスになっていると聞いたことがあります。

何かあってからでは遅いというのか、定期的にメンテナンスしている事が重要というのかは忘れてしまいました(^^);
by わんこ (2009-10-14 20:01) 

アクビ

確かに、アメリカでは精神科医にかかったりカウンセリング受けたりといったことに、日本のように後ろめたさはないようですね。
日本に比べて、自己のアイデンティティーに対する意識が高いからかもしれません。

その点、日本では「その他大勢」に紛れていればラク、という側面がありつつ、「その他大勢」になりきれない人にはちょっとつらかったりする社会なのかなあと思います。
by アクビ (2009-10-14 21:56) 

kokomi

アクビさんお久しぶりです。

漢方効いているんですね♪
お元気そうなので本当に良かったです。

私も年に1回人間ドックに行っているんですが

心の領域はそういえばまったく触れられていませんよね。
心理テストって受けた事がないんですけど
定期的にドックに盛り込まれたらいいですよね。



by kokomi (2009-10-15 20:32) 

アクビ

kokomi さん、ありがとうございます。

心理テストですべてがわかるわけではないけれど、自分のことを客観的に知ろうとするきっかけにはなるかもしれませんね。

わたしの場合・・・検査結果を受け入れることに抵抗がありましたが、色々考えるうち、実は自分のこと全然わかってなかった(わかっているつもりだった)、ってことに気付いてしまいました\(゜ロ\)(/ロ゜)/

あっ、そういえばロールシャッハ・テストの結果のことを書いてなかったです。
もっともそのころパソコン壊れてましたしね(-_-;)
思い出させてくれてありがとうございます。
by アクビ (2009-10-15 20:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。