So-net無料ブログ作成

小千谷の特産「青苧そば」 [食事と栄養]

前回、今回と利用した夜行バスは、途中越後川口SAで休憩します。
行きのときにおみやげコーナーを覗いたら、へぎそばの乾麺があったので是非帰りに買おうと思っていました。

帰りのSA・・・へぎそばあったけど、バラ売りがない・・・ということで、バラ売りされてた「青苧(あおそ)そば」というのを買ってみました。

ということで、今日の晩御飯はおそば。

・・・ウン、シコシコでおいしいです。
でも、小千谷産だけどへぎそばとはどうやら違うよう。

いわゆる「へぎそば」は、布海苔をつなぎに使っており、シコシコツルツルした食感が特徴の新潟名産のおそばです。

一方この「青苧そば」は、青苧、という植物から抽出したものをつなぎに使用していて、栄養価も大変高い(カルシウム:いわしの丸干しの3倍、鉄分:ほうれんそうの3.5倍、など)ものなのだそう。

どうやら、この「青苧そば」を小千谷の特産物にしよう、ということのようです。
へぎそばほどツルツル感はないかもしれませんが、とってもシコシコして食べ応えあります。

ちなみに、へぎそばの「へぎ」というのは、長方形の木製トレーのような容器に並べて供することからこの名がつきました。

そこで、場合によってはへぎに盛られたおそばはどんなそばでも「へぎそば」と呼んでしまうこともあるようなのですが、普通はつなぎに布海苔を使ったものをいいます。

しかし、近年布海苔はだんだん獲れなくなってきているとのこと。
おそらくそれで、地のものを使った「青苧そば」が作られたのかな、と推察します。

青苧は元々、小千谷織という伝統的な織物の素材に使用されてきたのだそうです。
織物には茎の繊維、おそばのつなぎには葉の部分が使われています。

とってもLOHASな特産品と言えそうですね。
オススメです[プレゼント]

<関連リンク>
「青苧そば」紹介ページ(「小千谷21企業組合ホームページ」より)
nice!(0)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 11

わんこ

小千谷縮(おぢやちぢみ)の原料が青苧なんですね。
ウチの田舎(長野県飯山市)では、山ごぼうの葉っぱの裏の綿毛をそばのつなぎに使います。
「所変われば品変わる」といいますが、小千谷でもそばのつなぎは繊維質のものなんですね。
by わんこ (2009-04-26 00:28) 

じゅん

「へぎそば」きれいに並べてあって波のようですよね。
新潟名物「イタリアン」食べたことありますか?
by じゅん (2009-04-26 08:45) 

アクビ

わんこさん、なるほど、おそばも地域によって特色があるのですね。
長野のおそばといえば最初に「戸隠そば」が思い浮かんでしまうのですが、長野は広いので、各地で食べ物も多種多様ですよね。
(母の田舎・・・飯田、駒ヶ根の近く・・・には、おやきはありませんが、五平餅が有名です)
飯山のおそばも食べてみたいです!
by アクビ (2009-04-26 12:14) 

アクビ

じゅんさん、「イタリアン」って聞いたことありますが、どんなのでしたっけ?
はじめて聞いたとき「へえ~!」って思った記憶はあります(^^ゞ
そのうちトライしたいです!
by アクビ (2009-04-26 12:18) 

じゅん

アクビさん、「イタリアン」は焼きうどんにミートソースかけたような感じで
上に刻みしょうがかけた物ですよ。
石川の「ハントンライス」と同じでご当地B級グルメですよ☆
by じゅん (2009-04-26 13:21) 

アクビ

あ~うどんでしたか~!!!
かかってるのはミートソースってなんとなく思ったのですが。
私焼きうどん大好きなので、絶対いけると思います。
でも・・・何ゆえ刻みしょうが??

ミートソースならトッピングは粉チーズ。
焼きうどんなら鰹節。
・・・じゃないのかしら??
あえてどっちでもないものにしたとか?

>ハントンライス
初めて聞きました!!!
どんなものですか?(^^ゞ
by アクビ (2009-04-26 22:52) 

じゅん

アクビさま、
ハントンはトロトロケチャップオムライスに白身フライ、タルタルソース、
エビフライを乗せたものですよ。
ときどきコンビニやスーパーにも置いてありますよ。
by じゅん (2009-04-27 20:31) 

アクビ

じゅんさんありがとうございます。

次回の遠征治療の旅、サブテーマは「ハントンライス探訪」にします(^^)
by アクビ (2009-04-27 21:05) 

アクビ

・・・で、何ゆえ「ハントン」??(^^ゞ
by アクビ (2009-04-27 21:06) 

じゅん

もともとはマグロフライ乗ってたらしく、「ハンガリーのハンと、フランス語でマグロを意味するトンをあわせた造語」らしいです。
はっきりとはわかりません
by じゅん (2009-04-27 21:39) 

アクビ

じゅんさん、解説ありがとうございましたm(__)m

考えてみたら、ハヤシライスがなんで「ハヤシ」なのかすら知らないわたし・・・。

おいしくて、おなかいっぱいになれば、名前はなんでもいいですね(^^)
by アクビ (2009-04-28 13:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。